AIDA アドバンスフリーダイバー コース

AIDA 3


コースの概要

AIDA3は、アドバンスフリーダイバーコースです. AIDA2(フリーダイバー・コース)で学んだスキルを復習しながら、一つ一つのテクニックをより洗練されたものにしていきます.

 

例えば、きれいなフィンキックとターン、正しいポジショニング、適正ウエイトで潜れる、浮力を使って浮上する、リラクゼーションスキル等々.

 

そしてAIDA3で新しく加わるスキルは、フリーダイビングのトレーニング方法・フレンゼル法・フリーフォールです.講習で合格点に達しなかった場合は、その後もグランブルーのプール講習や海洋講習で引き続き練習することができます.


コースを受けられる人

  • 18歳以上(16歳~17歳は親もしくは保護者の同意が必要です)
  • AIDAの病歴・診断書を提出している人
  • AIDAの法的責任についての書類を提出している人
  • AIDA2フリーダイバーコースを終了している、もしくはAIDA2のクロスオーバーを受けていること

コースの内容(最低日数3日)

学科講習

  • 生理学
  • フレンゼル法
  • 気圧外傷
  • 肺の容積
  • アルキメデスの原理
  • フリーフォール
  • シャローウォーターブラックアウト
  • フリーダイビングのトレーニング方法
  • 潜水反射
  • 減圧症

プール講習

  • STAのCO2テーブルを計画
  • DYNで適切なウエイト調整ができる
  • リラクゼーション、水中姿勢、フィンキック、ターン、ストリームライン、浮上、呼吸法などAIDA2で学んだテクニックの上達させる
  • DYNのCO2テーブルを最低20回行う
  • LMCとBOのレスキューができる
  • DYNのバディ
  • STA 2分45秒以上
  • DYN 55m以上

海洋講習

  • 水深は30mまで
  • ラニヤードのクイックリリース
  • 中性浮力の調節
  • フリーフォール
  • フレンゼル法での耳抜き
  • 水深15mでCWTで潜るバディと落合い一緒に水面まで浮上する(×3)
  • 水深15からロープとフィン(足)を使わずに腕だけで浮する
  • 水面レスキュー
  • 水中レスキュー(水深15mでBOしたダイバーを水面に引きあげ、BTT後、ダイバーを50mえい航する)
  • 水深10mでマスクを外し、フィンを使ってローブ沿いに浮上する
  • AIDA2で学んだスキルを上達させる(ジャックナイフ・水中姿勢・フィンキック・ターン・リラクゼーション・呼吸法など)

必要な器材など

  • フィットネス用の水着
  • スイムキャップ
  • ウエットスーツ
  • マスク
  • シュノーケル
  • ショートフィン(DYNはモノフィンも可)

コース料金

  • 割引き料金①は、2名様以上で同じ日程でご予約いただいた場合の値段です.
  • 割引き料金②は、海洋講習に1泊2日で参加した場合の値段です.
  • 上記の価格には、器材レンタル代、現地までの交通費、食費、宿泊費は含まれておりません.
  • 別途、AIDA3申請料(2,500円)が必要です.

お申込み

  • 1日目の学科&プール講習は、「海洋トレーニング」の予定がない第2、第4、第5土曜日と日曜日、祝日のみ開催可能です.
  • 平日の開催はありません.
  • 2日目以降のの海洋講習は海洋トレーニングと同じ日に開催します.1日ずつ好きな日程を選んでいただいても大丈夫です.
  • コースはお1人様から申込みできます.