トレーニングメンバー制度


フリーダイビングは「スポーツ」です.スポーツの特性上、練習しないと上達しません.グランブルーでは、フリーダイビングを続けたいと思っている人が練習を続けていけるように、トレーニングメンバーの参加料金をできるだけ低く設定しています.

 

料金を低くする代わりに(一般のお客様と区別する代わりに)、トレーニングメンバーにはある一定のスキルを要求しています.

 

スキルは、スタティックでどのくらい息を止められるかとか、ダイナミックでどのくらい泳げるか、コンスタントでどのくらい深く潜れるか、フリーダイバーとしての能力を要求するものではありませんので、熱意があれば誰でも(始めたばかりの人でも)、グランブルーのトレーニングメンバーになることができます!!

 

トレーニングメンバーになりたい人はグランブルーまでご連絡ください.少しずつ練習をしていきましょう!


プール練習会の参加条件(プール・トレーニングメンバー)

参加条件
l  AIDA3スターの学科講習とプール実技講習を受講し、筆記試験に合格していること
l  STADYNを完全なバディシステムで練習ができること(3スターのコースで検定します。不合格の人はプール練習会には参加できません。)
l  救命救急講習を3年以内に受講していること
l  ウエイトを含む全ての練習に必要な道具を持っていること(器材レンタルはありません)
注意事項
l  AIDA2フリーダイバーに認定されていない人もAIDA3の内容に相当する学科講習、プール講習、筆記試験は受けることができますが、AIDAのコース認定はできません
l  『プール練習会』はインストラクターが参加者に指導する(アドバイスをしたり、教えたりする)場ではありません。
l  バディシステムでお互いをサポートし練習できる知識スキルがなければ参加できません。
l  スキルと知識が不足している場合は『プール講習』で基準を満たすように練習して下さい。
l  参加条件をクリアしていないと判断した場合、プール練習会メンバーから外れてもらうこともあります。
l  月に1回以上続けて参加する予定のない人、現実的に参加できない人は『プール講習』に参加し、練習内容をリクエストして下さい。

海洋・トレーニングメンバーの条件

  • プール練習会のメンバーであること

  •  BO、LMCのレスキュー、サポートのスキルが一定以上であること

  • ウエイトを除く必要な器材を揃えていること

  • 一次救命救急講習3年以内に受講していること

  • グランブルーが主催する安全対策講習を受講していること

  • ロープワーク、フロート、カウンターバランスのシステムを理解してセッティングができること

  • ロープリーダーとして練習を進行できること

  • ターゲットダイブのシステムを理解し、サポートができること

  • 他の参加者とコミュニケーションがとれお互いに信頼関係を築けること

  • フリーダイバーとして模範的な行動、発言のできる人